ワンルーム投資とは

ワンルームマンション投資とは文字通り「ワンルームマンションを購入して家賃収入を得る」投資法です。バブル期の投機目的とは違い、現代では安定した確実な賃料収入を得る目的で購入されています。

新築ワンルームは将来の自分年金作りにはならない

将来の年金に対して不安を持たれている世代が多いかと思いますが、ワンルームマンション投資は将来の自分年金作りとして非常に期待されている投資法でもあります。

しかし新築ワンルームマンションの場合は、購入後数年が経過すれば月々の家賃収入がローン返済金額を下回りますので、自分年金どころか、毎月の家計を圧迫する事にもなりかねません。家賃収入が毎月5万円にも関わらずローン返済が毎月6万円ではキャッシュフローは年間で大赤字。返済元本は確定申告で経費計上ができないのでキャッシュフローは大赤字でも会計上は黒字という事になり、更に税金が上がるという負の循環が繰り返されます。

不動産会社から指南され無理して経費を計上しても税務署にすぐ見破られて、追徴課税と重加算税のペナルティを請求された家主もいますので架空経費の計上は絶対にしないようにしましょう。

新築はすぐに売却して中古物件で安定した家賃収入を

新築ワンルームマンション物件は非常に高い確率で失敗します。マンション経営を10年以上行っており多くの投資家仲間を見てきた私ですが、未だかつて新築ワンルームマンションを全額ローンで購入して成功しているという人を1人も見た事がありません。既に購入してしまった方はできるだけ早く高値売却して債務を綺麗にし、良質な中古物件を購入して安定した大家ライフを過ごしましょう。

 

不動産の無料オンライン一括査定!【不動産査定エージェント】
売却予定物件の情報を入力し最大6社の大手不動産会社に査定依頼を出す事ができますので、返答のあった不動産会社の査定価格をじっくりと吟味して、最高値を提示した会社と取引を進めましょう。
>詳しくはこちら
全国直営仲介取扱件数NO.1の住友不動産販売で無料査定!
言わずとしてた日本No1の不動産仲介取引件数。不動産会社日本最大手の住友不動産販売は全国の支店ネットワークで不動産を最も高く売却できる自信と実績があります
>詳しくはこちら
ハウスドゥ
FC大手のハウスドゥグループが自社のネットワークと情報網を最大限に活かして高値売却してくれます。売却物件が自宅から離れている場合などには日本全国のネットワークを十分に活かす事ができるでしょう。
>詳しくはこちら

 

LINEで送る
Pocket