投資用ワンルームマンションの売却をお考えの方へ確実に高値で売却できる方法教えます

売買相場が分かりにくい時は最初は高値で出して徐々に下げていけばいい

2016.04.13

売買相場が分かりにくい時は最初は高値で出して徐々に下げていけばいい はコメントを受け付けていません。

投資用ワンルームマンションの売買相場が分からないという方はまず最初は高めの価格設定で売却に出す事をおすすめします。お客さんの反応が悪ければそこから徐々に価格を下げていけば良い事でどこかで着地点が見つかります。

 

悪徳な買取業者は最初から低い価格を提示してきて、不安を煽って売却させようとしますが絶対にその手に乗ってはダメです。

 

まずは自分の残債務を元に売却金額を決めるという事でも構いません。物件に対して残債が1000万円残っているのでしたらまずは1000万円で売却に出す。その後反応が悪ければ950万、900万と下げていけば必ずどこかのラインで買付が入ります。そこがある程度の売買相場です。

 

新築ワンルームマンションを買ってしまった人は残債務と同じ金額で売買するというのは不可能に近いと思いますが、この方法を使えばより高値で売却する事が可能です。

 

実際の売買相場はレインズを見れば分かるのですが、レインズは不動産業者しか見る事ができません。もしレインズで売買相場を調べたいという方がいらっしゃればお問い合わせ下さい。管理人のネットワークでレインズから調べて連絡差し上げます。

 

自分が持っている物件の売買相場を知っていれば不当に安く買い叩かれる事はありません。ここは押さえておきましょう。

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

管理人プロフィール



不動産投資家のジュンと申します

20代で不動産投資を始めて現在は関西圏を中心に日本全国約30戸の区分所有ワンルームマンションを保有している現役大家です

ワンルームマンション以外にも一棟アパートや土地、借地マンションも積極的に売買、保有しています

大家業とは別で国内外に幾つかの法人も経営しており、不動産大家さんを目指す方へのコンサルや高値売却できる業者の紹介、掘り出し物件の紹介等も行っております