投資用ワンルームマンションの売却をお考えの方へ確実に高値で売却できる方法教えます

中古ワンルームマンションは物件次第で良い投資

one

私も積極的に投資している中古ワンルームマンションは条件次第でとても良い投資法になります。

新築物件に比べて初期費用も安く抑えられ、賃料や物件価格も安定しており、立地が良い物件が多いので将来的に価格が下落しにくいのが中古物件の特徴です。物件次第では利回りも8%〜10%以上で回る物もあり投資として非常に魅力があります。

大事なのは立地と管理状態

 

私が中古マンションを探す上で最も重視するのが立地、次いで管理状態です。

新築で購入した物件は最初の数年は価格と賃料の下落率が非常に大きく、築10年ほどで安定しますので私が狙うのは築10年を超えた物件です。

新築物件は多少立地が悪くても「新築」という言葉だけで最初は賃貸需要も高いのですが、築数年が経過して新築でなくなった時には一気に賃貸需要が落ち、空室だらけのマンションになってしまったというのをよく見てきました。空室になると当然家賃収入は入りません。管理会社と家賃保証契約を締結していたとしても、保証契約の解除か賃料の減額を一方的に要求されてしまいますので、家賃保証契約を安易に信用しないようにしましょう

立地と管理の良い築10年以降の中古マンションを購入すれば、将来に渡って安定した賃料と利回りが期待できます。

 

中古物件は現金で購入するか銀行借入が鉄則

 

私が中古ワンルームマンションを買う時は現金購入銀行借入のどちらかで、絶対にノンバンクは使いません。中古ワンルームマンションは物件価格も賃料も適正水準に落ち着いていますので銀行も担保価値が計算しやすく属性が良ければ、ノンバンクよりも低金利で貸し付けてくれます。空室物件であれば住宅ローンが使える可能性があります。

買った瞬間に損をしている新築ワンルームマンションを、高金利のノンバンクから借り入れてまで買おうとする気がしません。私は現在関西圏に30戸程のワンルームマンションを保有していますが全て中古物件で現金か銀行借入のみです。不動産のプロはノンバンクから借入する事はありません。

 

LINEで送る
Pocket

管理人プロフィール



不動産投資家のジュンと申します

20代で不動産投資を始めて現在は関西圏を中心に日本全国約30戸の区分所有ワンルームマンションを保有している現役大家です

ワンルームマンション以外にも一棟アパートや土地、借地マンションも積極的に売買、保有しています

大家業とは別で国内外に幾つかの法人も経営しており、不動産大家さんを目指す方へのコンサルや高値売却できる業者の紹介、掘り出し物件の紹介等も行っております

お勧め不動産売却サイト