投資用ワンルームマンションの売却をお考えの方へ確実に高値で売却できる方法教えます

高値で売却する為の媒介契約

不動産業者に不動産売却や購入の仲介を依頼する場合は、必ず媒介契約を締結します。

媒介契約は宅地建物取引業法によって定められており、専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約の三種類あり、どのタイプで媒介契約を締結するかを依頼主が選ぶことができます。 媒介契約を結んだ後は依頼主と不動産業者の売買仲介の依頼関係が明確化され、お互いに権利義務が発生します。

mediation_contract

 

専属専任媒介契約

特定の不動産業者に仲介を依頼し、他の不動産業者に重ねて依頼することができない契約。依頼を受けた不動産業者は、依頼主に対して、1週間に1回以上売却活動の状況を報告する義務があり、目的物件を国土交通大臣の指定する流通機構に登録しなければなりません。依頼主は、自分で購入希望者を見つけることもできません。

専任媒介契約

専属専任媒介契約と同じく特定の不動産業者のみに仲介を依頼する契約。不動産業者は依頼主に2週間に1回以上売却活動の状況を報告する義務があり、目的物件を国土交通大臣の指定する流通機構に登録しなければなりません。依頼主は、自分で購入希望者を見つけることができます。

一般媒介契約

複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼することができる契約。不動産業者に報告義務はなく、依頼主も自分で購入希望者を見つけることができます。お互いの権利義務もあまりなく簡易な契約です。

 

確実に高値で売却する為に締結すべき媒介契約のタイプは

 

ワンルームマンションを高値で売却する際に締結すべき媒介契約のタイプは「専任媒介契約」です。一般媒介はより多くの不動産業者に依頼できる反面、各不動産業者のモチベーションは全く上がらず放置されるケースが非常に多く見受けられます。一生懸命頑張って買主を見つけてきたとしても、その数時間前に一般媒介契約を締結していた別の不動産業者のお客様で決まってしまうという可能性があり、高値で売却できるノウハウと営業力を持った会社は一般媒介を嫌います

専任媒介契約を締結した不動産業者は、物件情報を所定の期間内に流通機構に登録しなければなりません。流通機構に登録した時点で全国の不動産業者が売却物件の情報を得て紹介する事ができますので、多くの業者と一般媒介契約を締結するよりも、優秀な会社一社と専任媒介契約を締結する方が理にかなっているのです。不動産業者の報告義務も明確化していますので状況把握がし易いというのもあります。

ワンルームマンションを確実に高値で売却する媒介契約の種類は「専任媒介契約」なのです。

 

LINEで送る
Pocket

管理人プロフィール



不動産投資家のジュンと申します

20代で不動産投資を始めて現在は関西圏を中心に日本全国約30戸の区分所有ワンルームマンションを保有している現役大家です

ワンルームマンション以外にも一棟アパートや土地、借地マンションも積極的に売買、保有しています

大家業とは別で国内外に幾つかの法人も経営しており、不動産大家さんを目指す方へのコンサルや高値売却できる業者の紹介、掘り出し物件の紹介等も行っております