投資用ワンルームマンションの売却をお考えの方へ確実に高値で売却できる方法教えます

売却後の税金

tax00_shukatsuakahon

ワンルームマンションに限らず不動産を売却して利益が出た場合は、譲渡所得税がかかります。譲渡所得税には短期と長期があり短期での譲渡所得税の方が割高です。

短期所得税額=課税短期譲渡所得金額×30%(住民税9%)*所有期間5年未満

長期所得税額=課税長期譲渡所得金額×15%(住民税5%)*所有期間5年超

*平成25年から平成49年までは、復興特別所得税として各年分の基準所得税額の2.1%を所得税と併せて申告・納付が必要です。

例えば中古ワンルームマンションを900万円で購入し、2年後に1,100万円で売却できた場合の税額をシミュレーションしてみましょう。

1,100万円ー900万円=200万円(譲渡益)

200万円×30%=60万円(所得税)

60万円×2.1%=12,600円(復興特別所得税)

200万円×9%=18万円(住民税)

60万円+18万円+12,600円=792,600円(短期所得税額合計)

短期譲渡の場合は利益の約40%が税金として徴収されます。

 

売却して利益がでなかった場合はどうなるの?

 

不動産を売却して利益が出なかった場合、税金はかかりません。0円です。

仮に1,800万円で買った新築マンションを5年後に1,200万円で売却した場合、600万円が譲渡損になります。その間家賃収入を取得していたとしても譲渡金額1,200万円に対して税金はかかりません。家賃収入は毎年の確定申告で納税してますので譲渡の時に計算に入れなくても構いません。

 

LINEで送る
Pocket

管理人プロフィール



不動産投資家のジュンと申します

20代で不動産投資を始めて現在は関西圏を中心に日本全国約30戸の区分所有ワンルームマンションを保有している現役大家です

ワンルームマンション以外にも一棟アパートや土地、借地マンションも積極的に売買、保有しています

大家業とは別で国内外に幾つかの法人も経営しており、不動産大家さんを目指す方へのコンサルや高値売却できる業者の紹介、掘り出し物件の紹介等も行っております

お勧め不動産売却サイト