不動産売却後の税金

不動産売却後の税金について

ワンルームマンションに限らず不動産を売却して利益が出た場合は、譲渡所得税がかかります。譲渡所得税には短期と長期があり短期での譲渡所得税の方が割高です。

短期所得税額=課税短期譲渡所得金額×30%(住民税9%)*所有期間5年未満

長期所得税額=課税長期譲渡所得金額×15%(住民税5%)*所有期間5年超

*平成25年から平成49年までは、復興特別所得税として各年分の基準所得税額の2.1%を所得税と併せて申告・納付が必要です。

 

中古ワンルームマンションを900万円で購入し、2年後に1,100万円で売却できた場合の税額をシミュレーションしてみましょう。

1,100万円ー900万円=200万円(譲渡益)

200万円×30%=60万円(所得税)

60万円×2.1%=12,600円(復興特別所得税)

200万円×9%=18万円(住民税)

60万円+18万円+12,600円=792,600円(短期所得税額合計)

短期譲渡の場合は利益の約40%が税金として徴収されます。

売却して利益がでなかった場合はどうなるの?

不動産を売却して利益が出なかった場合、税金はかかりません。0円です。

仮に1,800万円で買った新築マンションを5年後に1,200万円で売却した場合、600万円が譲渡損になります。その間家賃収入を取得していたとしても譲渡金額1,200万円に対して税金はかかりません。

家賃収入は毎年の確定申告で納税してますので、譲渡後の申告の際に利益として計算に入れなくても構いません。