空室率の問題

全国で深刻化している空き家問題について、総務省が発表したデータによると全国の空き家戸数は820万戸を超えており、住宅全体の空き家率は13.5%超と年々増加傾向にあります。

日本全体の人口が減少しているにも関わらず、今でもワンルームマンションは建て続けられている現状から2040年にはワンルームマンションの空き家率は40%を超えてくると見込まれており全国のワンルームマンションの約半数が空き家という悲惨な現状が私たちを待ち受けています。

今後もワンルームマンションの空室率が増加する原因

toku1 pop

ワンルームマンションの空室率が増加している原因として主に2つあります。

①新築ワンルームマンション開発業者の過剰な建設

②日本国全体の人口減少

この2つの原因が反比例している事で空室率が年々増加してきています。特に①の過剰建設については深刻であり、小さい土地に無理をして長細いワンルームマンションを建て続ける事で街全体の価値が下がり、空室率が増え、実際何の価値も生んでいません。

本来であればワンルームマンションのニーズに対する供給は十分満たしているので、行政が監督指導をしてこれ以上のワンルームマンション建設は止めるべきなのですが、ワンルームマンション開発業者は物件を建て続けないと会社が倒産してしまうので動きを止める事ができません。無駄な物を作り続けて何の価値も生まず、不動産会社だけが儲かる仕組みというのは全くもって理解できません。

街全体の空室率が低い場所で中古物件を購入しましょう

新築ワンルームマンションは論外ですが、値ごろ感のある中古物件を購入する場合は、街全体の空室率が低い場所を狙って買うようにしましょう。ある程度の大都市圏で人口も多く、オフィスや学校もあって生活が便利な地域は自ずと空室率も低くなっているはずです。全国のおおまかな空室率は以下のリンクから確認できます。

 

管理人も利用している投資不動産サイト

不動産投資のOh!Ya(オーヤ)一括資料請求
信頼と実績のある不動産投資会社からあなたに最適な投資経営プランを一括資料請求できます。1社だけでなく一括で資料請求でき、たくさんの情報を一度に集める事ができるのでお勧めです。
>詳しくはこちら
CONCIERIA東京不動産投資
首都東京での不動産投資ならCONCIERIAにお任せ。人口減少が続く日本で唯一毎年人口が増え続けており、賃貸需要の高い東京で不動産投資を始めませんか?まずは資料請求から。
>詳しくはこちら
GRIPでマンション経営
誰でもできるマンション経営のノウハウと実績が強みのGRIP。都心部のマンション販売に特化しており、アフターサポート体制も万全です。マンション経営の資料請求は無料
>詳しくはこちら

 

LINEで送る
Pocket